読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pizzahome日記

公務員が家を建てるまでの記録

ちょっとお家のことについて勉強しようと決意

まだまだ巡ります。展示場。
今回は日を改めて住友林業に行ってきました。

まだまだ当時の私は勉強不足でしたので、住友林業の業界の立ち位置とかは知らずに訪問。

蓋を開けてみれば営業さんは非常に紳士的で、質問に対する回答も明確。

工法とかはまだよくわかっていなかったですが、ビッグレーム工法とやらは間取りをおっきくとれる工法なんだなぁという程度でした。
あとは「林業」と社名につくだけあって、「木」のお家ができるというくらいでしたねぇ。

あとは地盤調査や間取りの提案なんかは5万円をお支払することで、今後進めていくことができるというのが、ここまで巡ったハウスメーカーさんとの大きな違いでした。

他が無料でやってくれることに対して料金が発生するというのは消費者サイドとしては二の足を踏むところではありますが、
逆に言えば
 無料でやってくれる
  →当然断られることもある
   →そこまでにも費用はかかっている
    →ではその費用は誰が払うの?
     →最終的にそのハウスメーカーで建てた消費者が契約に至らなかった人の費用も支払っている
という費用負担の考え方に至ると、有料で話を進めていくという住友林業のスタイルは、費用負担が明確になっていてそこも紳士的な印象を受けました。

最終的な判断を消費者が行う際に住友林業さんを辞めるというときに「5万円」という投資が価値に見合ったものになるかどうかはわかりませんし、営業さんもきっとそこを押して「契約してください」と話してくるとは思います。
少なくともこのときお会いした営業の方であれば、5万円に見合ったご提案はしてもらえるのではないかと思いました。

そうは言っても私たちはまだ勉強中というところもあったので、その日は一通り特徴などをお伺いして帰宅。

ここまでいくつか展示場巡りをしている中で、ハウスメーカーさんと戦う知識が全く足りてないことがようやくわかってきました。
このままメーカーの営業さんたちと話をしてもいいようにおすすめされて契約してしまいそうな気がすっごいしてきたので、ちょっとお家のことについて勉強しようと決意しました。