読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pizzahome日記

公務員が家を建てるまでの記録

体育館裏に呼び出されるかもしれない

賃貸vs持ち家

 

様々なところで議論されている論争だと思います。

私は現在は賃貸に住んでいて、これから持ち家を購入しようと考えていますけれども、なんでかっていったら結婚と第1子の誕生があって、今のアパートが手狭になったからなんですよね。

そうはいってもいまよりちょっと広い賃貸を探すという選択肢もあったのですが、奥様が「次の引っ越しを人生で最後にするでござる」という強い意思表示があったので現在検討をしているところです。

 

【公務員の賃貸】

ちなみに公務員は賃貸住まいなら家賃の半額くらいは所属から補助が出ます(上限はありますが。)が、持ち家だと補助は打ち切りです。

 

くわえて私の考えでは、家はどんなによくても30年ほどで立替や補修が必要になってくると思われるので、30歳前後で家を建てると定年前後でリフォームないし建替えが必要になってくると思います。

 

ので、一つの考え方としては子どもが成人するまでは賃貸で補助をがっつりもらいながら貯蓄をして、子どもたちが羽ばたいていった後に平屋なりマンションなり現金一括でゲットする。という人生設計は一つの正解だと思ってます。

これから少子高齢化で30年もすれば土地の価格、ひいては不動産に関する需要は今より確実に下がってると思うんですよね。

 

この場合の問題点は「子どもの成長に伴って最適な物件を見つけられるか」ということに尽きると思います。

 

【公務員の持ち家】

公務員だから持ち家を持つことでメリットはあるかというとあまりないと思います。

しいて言うなら職種によっては転勤が少ないので、民間企業でよくある「マイホームを購入して借金抱えたからコイツはやめないだろ」という転勤がないですね(笑)

公務員に限った話でなければローンは借金であり、家や土地は資産であると考えれば若いうちに獲得してしまう方が人生設計としては余裕ができますよね。

 

あれ?なんかこのブログ家建てるつもりで書いてるはずなんですけど今日の話だと賃貸のほうがうまみがある話になってますね。このブログ奥様も見てるのであとで体育館裏に呼び出されるかもしれないですね。